ページの先頭です
本文へジャンプする

洞爺湖町

2008北海道洞爺湖サミット

TOPページへ戻る

What's洞爺湖町−洞爺湖町とは−概要等

洞爺湖町の位置

洞爺湖町へようこそ

洞爺湖町は、平成18年3月27日、旧虻田町と旧洞爺村の合併により誕生しました。

北海道の中央南西部、支笏洞爺国立公園内に位置し、湖(洞爺湖)と山(有珠山)と海(噴火湾)に囲まれた自然豊かなまちです。

当町は北海道において、もっとも気候温暖な地方で、交通の便もよく観光景観に恵まれていることから、年間400万人以上もの観光客が訪れる北海道有数の観光地となっております。

農業では洞爺湖地区を中心とした野菜をはじめとしたいも類、豆類、水稲等の生産と畜産が行われ、特にセルリー、赤葉大シソは北海道でもトップクラスの生産量を誇っています。
漁業では噴火湾でのホタテの養殖を中心に、「ホタテ、うに、かれい」などの水産加加工業が盛んです。

観光は、支笏洞爺国立公園「洞爺湖」や「有珠山」が有名です。
また、全国的に有名な洞爺湖温泉をはじめ、湖畔には彫刻を見ながら散策できる遊歩道や有珠山の火口を間近に見ることができる西山火口散策路など、豊かな自然とふれあうことのできる体験・交流資源を有しています。

洞爺湖町長  長崎良夫


洞爺湖町の概要

洞爺湖町について


洞爺湖町の全景

ここからサイト共通メニューです
サイト共通メニューを呼び飛ばす
サイト共通メニューここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る