ページの先頭です
本文へジャンプする

洞爺湖町

2008北海道洞爺湖サミット

TOPページへ戻る

eco活動−活動事例-洞爺湖ビジターセンター・火山科学館

自然にやさしいエネルギー

洞爺湖ビジターセンターおよび火山科学館では、施設で利用するエネルギーとして、省エネルギーに配慮することで二酸化炭素の発生をおさえ、環境にも優しい「太陽光発電システム」と「地中採熱システム」を取り入れています。


太陽光発電

自然の恵みである太陽光をエネルギーとして生かすのが太陽光発電で、地球環境にもやさしいクリーンな発電方式です。太陽電池により発電した直流の電気を、パワーコンディショナーによって交流の電気に交換します。その電気が、展示室内の照明器具などに供給されます。

太陽光発電の図


地中採熱

地中の温度は、夏は外気温度より低く、冬は外気温度より高くなるので、季節を通して安定しています。この特性を利用したのが地中採熱です。外気を「地中採熱管」へ経由されることにより、夏は外気よりも涼しい空気を、冬は暖かい空気を館内に取り入れることで、必要なエネルギーを減らすことができます。

地中採熱の図



ここからサイト共通メニューです
サイト共通メニューを呼び飛ばす
サイト共通メニューここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る