ページの先頭です
本文へジャンプする

洞爺湖町

2008北海道洞爺湖サミット

TOPページへ戻る

eco活動−活動事例−CO2対策 公用車2台にバイオ車化

CO2対策 公用車2台にバイオ車化

【公用車2台をバイオ車化し活用を図る】

食用廃油(使用済みてんぷら油)をバイオマス燃料化(SVF)する簡単な設備を設けて、洞爺湖温泉街のホテルや一般家庭から出る廃油を集めてろ過する。その上でディーゼルエンジン搭載車2台にSVF用燃料タンクを増設し軽油と併用し活用する。活用量は年間3キロリットルを見込む。植物性の廃油から作る燃料はほとんど二酸化炭素が出ないため、2台で約年間6トン余り二酸化炭素の排出を抑制できる。



ここからサイト共通メニューです
サイト共通メニューを呼び飛ばす
サイト共通メニューここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る