ページの先頭です
本文へジャンプする

洞爺湖町

2008北海道洞爺湖サミット

TOPページへ戻る

eco活動−活動事例-エコミュージアム概要

エコミュージアム構想の概要

メインテーマ
「火の山」・「北の大地の歴史」にふれる自然博物館
―火山の恵みを学び、自然があふれる大地にふれ、先人のあしあとを辿って―
「洞爺湖周辺地域エコミュージアム構想」の背景
2000年3月の有珠山噴火は、洞爺湖周辺地域に大きな被害をもたらしました。この災害から早期復興ため、二階俊博北海道開発庁長官(当時)の私的諮問機関として「北海道活性化懇談会」が設置されました。論議の結果、火山遺構を新たな観光資源として活用する方策が提言されました。
「洞爺湖周辺地域におけるエコミュージアムの構想」はその後、北海道開発局室蘭開発建設部や財団法人北海道地域総合振興機構、北海道そして西胆振6市町村(伊達市、豊浦町、虻田町、洞爺村、大滝村、壮瞥町)が中心となって検討が重ねられてきました。
エコミュージアムとは
1960年代にフランスで提唱、展開された農山漁村地域の振興策です。 地域を丸ごと「博物館」と見立て、自然、農場・山林・漁場や集落、遺跡などを展示室とみなし、住民参加型でつくり上げる新しいタイプの野外博物館です。
エコミュージアムの基本構造
エコミュージアムの展開する地域を、テリトリー(地域の特性や資源のまとまりによる領域)とよびます。その中枢施設としてコア/テーマセンターと呼ばれる施設があり、エコミュージアムの情報提供や組織運営を行います。
周辺には、サテライトと呼ばれる景勝地・展望台・資料館・温泉・キャンプ場などをテーマに沿って配置します。 さらに、サテライトを結ぶトレイル(散策路等)やネットワーク・アクセス道路(コアセンターやテーマセンターとサテライトなどを結ぶ交通連絡網)によってエコミュージアムは構成されます。

エコミュージアムのロゴ

エコミュージアムロゴ
作品提案者
札幌市在住 広告プランナー 藤田 馨 氏
作品の説明
構成する6つの自治体を「湖・海」のブルーで表し、山と、大地を吹き抜ける風で地域の特色を表現

エコミュージアム宣言(洞爺湖周辺地域)

洞爺湖周辺地域エコミュージアム(自然博物館)宣言
〜みんなでつくろう"豊かな自然"や"先人の歴史"を活かした自然博物館〜

2000年3月の有珠山噴火は、洞爺湖周辺地域に大きな被害をもたらしました。全国のみなさまから温かい支援を賜り、国の機関や北海道の協力、支援により、洞爺湖周辺地域は、噴火前の賑わいをとりもどしつつあります。

「洞爺湖周辺地域エコミュージアム(自然博物館)」は、噴火後の「北海道活性化懇談会」での提言を受けて、洞爺湖周辺の6市町村と関係機関からなる「エコミュージアム構想策定部会」で検討されたものです。

洞爺湖周辺地域は、古くから縄文文化や先人の歴史と文化の地であり、噴火湾や洞爺湖、有珠山という豊かな自然、緑の大地という、多くの恵みを享受しながら、歴史が育まれてきました。

エコミュージアム(自然博物館)は、地域の資源を新たに認識し、その資源を活かして、より魅力的なふるさと、地域を創造しようとする取組みです。この世界に誇れる多くの資源と、その恵みを将来にわたって引き継ぎ、さらに、広く世界へ発信することも、私たちの責務であると認識しています。

住民と関係機関が連携し、共に考え、行動し、「エコミュージアム(自然博物館)」を通して、新しい洞爺湖圏域を創造することを、私たちは、ここに宣言します。

  1. 私たちは、エコミュージアムを通して、地域の総合的な学習の場の創出をします。
  2. 私たちは、エコミュージアムを通して、火山との共生の歴史を伝承します。
  3. 私たちは、エコミュージアムを通して、住民参加のもとで地域振興を図ります。
  4. 私たちは、エコミュージアムを通して、新たな地域間連携を推進します。
  5. 私たちは、エコミュージアムを通して、新たな産業の育成と観光振興を推進します。

平成14年10月26日
「レイクトピア21」推進協議会(伊達市、豊浦町、虻田町、洞爺村、大滝村、壮瞥町)



ここからサイト共通メニューです
サイト共通メニューを呼び飛ばす
サイト共通メニューここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る